ツヴァイのサービス内容

派遣社員としてヘアメイクアップアーティストをすることができるのでしょうか。

答えから言いますと、そういった派遣を積極的に行っている派遣会社があります。
もちろん普通の仕事と同じように登録をしておくと仕事の斡旋があります。
イベントでのヘアメイク、メイクアップという感じで短期間の仕事もありますし、長期間にわたっての仕事もあります。

ですが、ヘアメイクアップアーティストという技術と想像力を提供する仕事ですから、一般の派遣の仕事は趣が異なるところがあります。
それは、他の仕事とは明らかに違って高い時給となっています。このあたりは、さすがに特殊な技術職という感じです。自分の納得できる条件であれば、あわてて契約しなければならないという訳でもなく、条件が合ったら派遣契約を結ぶというスタンスでも大丈夫でしょう。

ただし、逆に注意しなければならないのは、明らかに即戦力として活躍できるレベルを持っている人を要求していますので、ヘアメイクアップアーティストの養成スクールを卒業してすぐに派遣社員として活躍するのは難しいかもしれません。

経験が少ない場合は、プロダクションや、結婚式場などへの就職をすることが良いのではないでしょうか。

ヘアメイクアップアーティストにるための方法は、専門学校でヘアメイクを学び、さらなる独自のアレンジができるようになる、それが現実的であり、確実なステップになると思います。

 

>> それでば、ヘアメイクアップアーティスト専門学校の無料資料請求をしてみましょう!

専門学校を卒業た後、ヘアメイクアップアーティストの就職先として主なところを紹介しますと、
ヘアメイク事務所や、美容室トータルビューティーサロンブライダルサロン、そして、独立しているフリーの方々になります。

技術を磨き、経験を積むことで、最終的には、テレビ番組や、ドラマ、映画といった撮影現場や、雑誌の撮影現場、ファッションショーにおけるヘアメイクや、特殊メイクなどをする大きな舞台で活躍することも可能です。

大抵の場合、ヘアメイクアップアーティストと言えば、ヘアメイク事務所に所属しています。依頼された仕事場に都度出張してヘアメイクをすることになりますが、腕を見込まれるとテレビ番組やドラマの出演者雑誌の出版社専属ヘアメイクとして活躍する人もいます。
また、有名芸能人や、人気モデルさん専属のヘアメイクアップを担当する人もいらっしゃいます。

初め4年間くらいは、アシスタントとして仕事をすることになりますが、ヘアメイクの腕を磨き、お客様とのコミュニケーションの取り方を学ぶことで、ヘアメイクアップアーティストとして独り立ちができるようになるのが目安となります。

別のパターンとして、この業界は、1にも2にも技術があるか、腕は確なのかという点が重視されるので、技術が無い状態ではヘアメイク事務所に所属せずに、美容室やサロンに就職し、まずは経験を積んでしまおうと考える人もいます。腕を上げてから事務所や、プロダクションに就職する方法です。この場合は、即戦力としてすぐに活躍できると言うメリットがあります。

どちらにしても、下積みとして頑張ってから華やかな舞台に上がるということになるので、努力と、好きであることが必須となります。

>> まずは、おすすめのヘアメイクアップアーティスト専門学校へ無料資料請求してみましょう

ヘアメイクアップアーティストになりたいと思った時に気になることとして、美容師の免許って必要なのかが気になりませんか?

私も同じように不安になってしまったので、調べてみることにしたんですが、ヘアメイクアップアーティストとして仕事をするためには絶対に必要になる資格・免許ではないことが分かりました。
もともと、ヘアメイクアップアーティストという資格がない事から、当然免許も存在しません。ですが、近いと言われている資格として美容師があり、ヘアメイクアップアーティスト資格の代わりとして美容師免許を必要としているかを調べていて分かってきたことです。

美容師の免許というのは、髪をセットするためのものではなく、髪を切るのに必要になる免許です。ですから、ヘアメイクをすることだけなら、美容師免許は必要が無いということになります。

ですが、実際にヘアメイクをしている人の多くは美容師の資格をもっていると言われています。それはなぜなのかと言いますと、イメージに合わせた完ぺきな仕上げにするためには、場合によっては髪をカットすることも必要になる場合があります。仕事の幅を広げるために取っておきたい免許となっているのです。

もし、ヘアメイクアップアーティストとして大きく羽ばたきたいと思ったら、美容師免許を取得しておいた方が良いと言えます。

美容師免許の取得と、ヘアメイクアップアーティストの技術取得できるスクールの無料資料請求はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘアメイクアップアーティストと美容師の違いは何ですかという質問が多くあります。
実は、私もよくわからなくて悩んでしまったので、調べてみたので紹介します。

美容師をカッコよく言った言い方がヘアメイクアップアーティストという呼び名であるという答えになります。ただし、厳密にいうと若干の違いがあります。

具体的に何が違うのかというと、美容師になるには、国家資格を取得する必要がありますが、ヘアメイクアップアーティストには国家資格がありません。
ですから、美容師の資格が無くてもヘアメイクアップアーティストになることはできるのですが、逆はあり得ないということです。

また、髪を切るためには美容師資格を持っている必要があるので、美容師資格を持っていないとヘアメイクアップアーティストでも髪を切れないということです。
単にヘアメイクをするのであれば問題はありませんが、仕事の幅を広げるためには美容師資格は必須になると思います。

違った視点として実際の仕事の内容として考えてみると、ヘアメイクアップアーティストというと、テレビや舞台、雑誌の撮影場所などに出張して仕事をする人を指し、美容師というと、ヘアサロンで技術を披露している人を指すという場合もあるようですよ。

 

↓ 人気スクールの無料資料請求はこちら ↓

ヘアメイクアップアーティストになるために学ぶとすると、どのくらいの費用が必要になるのかを考えてみましょう。

最短でヘアメイクアップアーティストになるためには専門学校に行っていただく必要があります。そうすると、避けては通れないのが学費、費用となってしまいますが、夢のヘアメイクアップアーティストになるための投資と考えてもらいたいところです。

具体的には、専門学校やスクールによって違いは出てきますが、入学金や受講料を含めた総額として25万円~100万円くらいにはなると思います。
見学会や、お試し授業をやっているところもありますから、興味はあるけれど自分に合っているのか不安もあるという方には、実際の授業の様子を事前に確認しておくのも良いのではないでしょうか。

もちろん、初心者の方が多くいらっしゃいますので、基本的なテクニックからの指導がされますので、初心者であるからという不安がる必要がありません
授業を受けているうちに、お客様へのヘアスタイリングの提案ができるようになるのはもちろんですが、それだけではなく、メイクや、ファッションも含めたトータルプロデュースもできる能力が身についていくことでしょう。

興味があるのであれは、無料で資料請求ができるので活用してみてはいかがでしょう。

>> まずは、ヘアメイクアップアーティスト専門学校の無料資料請求してみましょう

ヘアメイクアップアーティストに向いている人は、流行に敏感で、その流行に対してアレンジができる能力が必要だと前回書いていますが、
それに続く技能というか、センスがあるので紹介しておきます。

そのセンスというのは、芸能人の方になるかも知れませんが、お客さんが相手になる仕事ですから、人並み以上の会話のセンスというか話し上手である必要があります。
もちろん、社交的であるということですが、それだけではなく、ヘアメイクアップの新しい流行を人よりも早く知る能力と同様に、お客さんとの会話をするだけの知識と、最新の話題を知っていることも大切です。

色々な方のヘアメイクをしていくことになりますから、その人に合わせたヘアスタイルと同様に、会話の内容にも注意が必要です。
それぞれのお客さんが、どんな趣味を持っているのかとか、どんなことに興味を持っているのか、最近の話題など、どいういった話ならいいのかなんて分からないと思いますが、ヘアメイクをしながら色々な切り口で楽しんでもらうことを考えることになります。

何をおいても、コミュニケーション能力も大切だということです。
これは、ヘアメイクアップアーティストに限ったことではなく、美容師や、メイクアップアーティストでも、スタイリストでも大切なスキルと言えます。

>> コミュニケーションに自信ありなら ヘアメイクアップアーティスト専門学校の無料資料請求してみよう

どんな人がヘアメイクアップアーティストに向くのかを考えてみることにしてみました。

やっぱり、必要な技能として大切なのは、流行に敏感であることは欠かせないでしょう。
今年の流行がどんな感じになるのかを、人の様子を見てきづくのではなく、いろいろなメディア媒体を通じて、人よりも先に捉えるくらいのセンスと先見性が必要です。
ファッション雑誌はもちろんですが、ヘアカタログ、全く違うジャンルの雑誌からもヒントになることもあるでしょうから何かこれという限定したものではなく、どこからでもはやりをとらえることができるくらいが良いのではないでしょうか。

当然のことでしょうが、今年の主だったファッションショーについてはチェックしているとか、トップデザイナーの動向などにも普段から関心があることも大切でしょう。

もちろん、それだけではなく、そういったデザインを自分でイメージを膨らませて、自分ならこうするというアイディアを考えられるというのがアーティストとして成功するためには必要になってきますね。

↓ ↓ まずは、お勧めしたい専門学校の無料資料請求してみませんか?

ヘアメイクアップアーティストになるために最短と言える方法は、スクール専門学校に通学するという方法なのですが、近くにスクールが無いという最大の問題があるのではないでしょうか。しかも、学費も高額になってしまうために通うことができないなんていう場合もあると思います。

その点、通信教育というのは、どこにいても学べますし、通学講座に比べればずっと低料金でヘアメイクアップアーティストになるための勉強ができるのかもと思われるかもしれませんが、なかなか通信教育で身につけるのが難しい技術、資格のため、ここがお勧めという講座を紹介できないのが現状です。

ヘアメイクアップアーティストを目指すのであれば、やはり通学制の専門学校、スクールとなってしまいます。夢を実現するために頑張ってみませんか?

頑張ってみようかと思われたのなら、ヘアメイクアップアーティストとして頑張っている人の話を聞いて自分に合ったスクールを選ぶようにしてくださいね。

確実に、最新の情報を手に入れられるのは、無料の使用請求をするという方法です。
普通では知ることが難しい情報や、スクールの学生さんの話も紹介されていますので、実際の指導現場の雰囲気なども見えてくるのでお勧めです。

ヘアメイクアップアーティストを目指すのなら、無料資料請求は必ずチェックしておいて損はありませんよ!

 

>> まずは、無料の資料請求をしてみよう!

ヘアメイクアーティストになるために大学はどこに行けばいいのかと考える事もあるかと思います。

実際に、ヘアメイクアップアーティストを目指すための大学や、短大が多数あります。

しかし、ヘアメイクアップアーティストというのは技術によって優劣が決まってしまう職業でもありますので、高いレベルの指導を受け、技術を磨いていった方が、夢への扉を早く、確実にあけることができると言われています。

高校を卒業後に、ヘアメイクアップアーティストとして頑張っていくという意思があるのであれば、専門学校へ進むことをおすすめします。
中には、大学を卒業してから、改めて専門学校に行ってヘアメイクアップアーティストの基礎から学ぶという方もいらっしゃいますが、時間としては短大なら2年、4年制なら4年間の回り道をしてしまうことになります。もちろん、その間には学費も支払っていることになりますよね。

技術を身につけるということが非常に大切になりますから、身につけやすい年齢の内に学ぶことを考えてみてもいいと思います。
ヘアメイクアップアーティストの専門学校であれば、特化したカリキュラムを組んでありますし、同じ目標を持った人たちとの切磋琢磨ができますから吸収も速くなるようです。また、卒業後の就職先が見つからなかったらどうしようかと悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、専門学校には、たくさんの求人が来ますから心配することもありません。

大学で学ぶことも悪い事ではありませんが、専門学校を選ぶ方が、後々のヘアメイクアップアーティストとしての成長にとって、よりベターではないでしょうか。

↓ まずは、お勧めしたい専門学校の無料資料請求してみませんか? ↓

ヘアメイクアーティスト独学で頑張ったらなれるものなのかと考えている人がいるようです。

独学でヘアメイクアップアーティストになることは、かなり厳しいと言わざるを得ません。

何故かと言うと、ヘアメイクアップアーティストとして働いている人は、大抵、会社に所属しているか、すでにフリーになていて頑張っています。
そうなるために彼らは、専門学校に行ってアーティストとして働けるだけの技術を身につけています。

つまり、ヘアメイクアップアーティストとしてテレビや映画で活躍している人たちのメイクをしたいと思うのであれば専門学校で学ぶというのが一番の近道と言えます。

例外的に、フリーのアーティストの人を知っていれば、その人に弟子入りして勉強をすることも可能ですが、なかなかそういった人に対してコネがあることは無いですよね。

そういったことを考えていくと、ヘアメイクアップアーティストの資格を取ること、そして、専門学校には求人がたくさんありますから、その中から理想の就職先を選ぶのが良いのではないでしょうか。

就職までを考えると、やはり専門学校の講座を選んで学ぶことを選んでみませんか。

↓ おすすめの専門学校の無料資料請求はこちら ↓

ヘアメイクアップアーティストになるには、具体的に何をしていったらいいのかを整理しましょう。

あなたが、テレビや映画、舞台などに出演される芸能人や、有名人の方のヘアメイクを担当するヘアメイクアップアーティストとして活躍したいと思うのでしたら専門学校へ行くことをおすすめします

その理由は、多くのメイクさんは会社に所属しているということです。
会社に所属して、仕事のあっせんをしてもらう形が多くなっているということですが、
個人的なコネツテが無いのであれば、そういった会社にいきなり就職することは難しいですよね。

ヘアメイクアップアーティストになりたいのなら専門学校をおすすめするという理由は、
学校に行って勉強することで専門的な技術の習得ができることはもちろんですが、プロダクションや会社からの求人がたくさん来るという利点があるからです。
会社だって、全く技術を持っていない素人さんを採用するよりも、専門学校で基礎を学んでいる学生さんを求めるのは当然でしょう。

つまり、専門学校に行っていることで、憧れのヘアメイクアップアーティストへの道が広がることは間違いないですよね。

>> ヘアメイクアップアーティスト専門学校の無料資料請求はコチラから

ヘアメイクアップアーティストの無料資料請求をしてみました。
正直、これから資料請求をしてみようかどうかと悩んでいる人にとっては一番聞きたい情報ではないでしょうか?

資料請求自体はとにかく簡単なので、こんなものいいのかなと思うくらいでしょうね。
具体的にどの講座がいのかなんてわかりませんから、とにかく表示されている全ての講座に請求をしてみました。講座名を見ても正直なところ分からない部分が多いので・・・

その後、資料が続々とやってきましたが、予想通りにスクールからの電話がかかってきました。
内容としては、スクールの授業見学会の案内でしたが、ちょっと自分には合わないと思うので、すみませんと言ってお断りしたら、それれ以上はありませんでしたね。

資料を見て、やってみたいと思えば話を進めればいいでしょうし、残念ながら自分のイメージと違うと思ったら、講座を受けるのを辞めますと言えば、それ以上はしつこくされませんでした。

思っていたほど心配をする必要が無いというのが正直なところ。
ヘアメイクアップアーティストになろうかどうかと悩まれているのでしたら、心配しないで、まずは資料請求をしてみましょう!

>> ヘアメイクアップアーティスト 無料の資料請求はコチラから

美容系と言っても幅広いところがありますが、1年間で130万円くらいと言われています。
ヘアメイク系も、メイク系も、ネイル系も大きな違いはないかと思います。

この学費が高いのかどうかは、考え方次第だと思いますが、大学に言った場合と比較する方がいるかと思うので、その視点で考えると、国立大学と、私立大学でも学費は全然違ってきますよね。
国立大学なら数十万円でしょうが、私立ですと文系でも120万くらいでしょうし、理系ならその倍。医学系は論外でしょう。
大学に4年間通うことになりますから、それぞれ4倍ですし、何も技術を身に着けられなくて、就職できないなんてことになると目も当てられません。
美容学校では、美容師の受験資格と併せて技術を身につけることができるし、就職のサポートもしっかりしていると考えれば、美容系の専門学校の学費が高いとは思えません。
逆に安いのではないかと思うくらいです。

美容系の専門学校で中心となるのは、いわゆる美容師ではないでしょうか。
美容学校に、通学制なら2年、通信制なら3年間行ってから国家試験を受けて合格すると晴れて美容師の資格を取得できることになります。
よくヘアメイクアップアーティストになりたいという人もいますが、このあたりの国家資格というものがなく、関連協会の認定資格が存在していますが、こういった資格が必ず必要かというと、そうでもないのでヘアメイクアップアーティストになるのでしたら、美容師の資格を持っていれば特に不便を感じることはありません。

実際に仕事をして行って、必要と思える資格を取っていくというのが良いと思います。

まずは、基礎となる資格を取ってみてはどうでしょう。

↓ こちらで、おすすめの専門学校を紹介 ↓

ヘアメイクアップアーティストになるために、専門学校に行こうかと思うけどどこがいいのかわかりませんよね。
実際に、専門学校がたくさんあるだけに選ぶポイントがどこにあるのかが分かると嬉しくないですか。
そんな声にこたえるために、大切なポイントを紹介します。

ヘアメイクのために美容師の受験資格をめざして勉強をしながら、メイクの勉強もしておくというのが将来の仕事の幅を広げるために有利だと思います。そういったカリキュラムがあるところがお勧めですね。

また、講師の方が、現役のアーティストであることが大切です。
もともと、経験と、センスが重視される仕事ではありますが、その素養を開花させることができるかどうかも講師次第です。
現役であれば、常にセンスを磨き続けることができているわけですから、指導にも期待ができるというわけです。

就職を考えて、ヘアメイクアップアーティストのプロダクションとの繋がり、美容室、サロンとの関連がある専門学校というのも重要なポイントです。

専門学校を選ぶのがポイントですが、自分に合うところというのが最終的な決めてとなります。

スクールの公開講座を行っているところがありますので、実際に目で見て判断をしていただくことが大切です。

↓ そんな専門学校を調べてみませんか? ↓

注目してほしいのが、ヘアメイクアップアーティストという仕事です。
この仕事は美容系の仕事をしたいと思っている人に、ぜひ注目してほしい仕事で、ブライダルサロンで花嫁さんのメイクアップをしたり、テレビや映画の俳優さんのヘアメイクをしたりする仕事です。
この仕事に就くためには、専門学校で勉強をするのが一番の近道ですので、自分に合った専門学校を選んでほしいと思います。

 

>> ヘアメイクアップアーティストのなり方と専門学校の紹介

 

美容系の仕事で注目のヘアメイクアップアーティストという仕事には国家資格がないため、これを持っていないと仕事ができないというものもありません。

しかし、美容系の仕事をする上で、美容師の資格はほぼ必須とお考えいただいた方が良いと思います。他には、ブライダル系のメイクをすることもあるので着付けの知識や、カラーコーディネーターの資格とかも持っているとプラスになるものです。
ただし、そういった資格関連よりも重要なのが、美容関係の仕事は客商売であるため、お客様となる相手の方とのコミュニケーションがとれるのかというもの。気に入っていただければ、指名を受けるようになるので、どんどん経験を積むこともできますし、技術の習得ができることになります。
技術的なことは、後からつけることもできるので、後付けが難しいコミュニケーション能力というのがとても大切な能力と言えるでしょう。

美容系の仕事がしたいという漠然とした希望があるけど、仕事がたくさんあってどれが良いかわからない。
そんな方もいらっしゃるでしょう。

デパートや、ドラッグストアなどの化粧品売り場で美容部員という人もいれば、エステ関係の仕事、ネイリストや、美容師など数えきれないくらいの数がありますが、個人的にお勧めしたいというか、私も興味があるのがヘアメイクアップアーティストという仕事です。

この仕事は、テレビや、雑誌、映画、舞台などに出演する人たちのヘアアレンジや、メイクといったことをする仕事です。中にはハリウッド映画のメイクをやっているという人もいるくらいの人気職業です。芸能界に興味があるとか、有名人に会ってみたいというミーハー的な理由でヘアメイクアップアーティストを目指したという方も中にはいるようですが、自分のイメージしたヘアメイクをした有名人がカッコよく、美しく役柄を演じるのを見たいという夢を追い求めている人が大半です。

美容系の仕事の最高峰の仕事ではないかと思えませんか?
ヘアメイクアップアーティストになるための特別な資格というのはありませんが、専門学校で学んで、美容師免許を持っている方がよりベターだと言われているようです。

まずは、ヘアメイクアップアーティストになるための最短ルートである専門学校について確認してみませんか?

まずは、

>> ヘアメイクアップアーティストになるための専門学校を調べる

ヘアメイクアップアーティストとして芸能人のヘアメイクやメイクをしてみたいと思ったら、テレビ局に就職しないといけないのでしょうか?

そんな質問を受けたことがありますが、テレビ局がヘアメイクアップアーティストを採用している訳では無いので注意してくださいね。

芸能人の方のヘアメイクをしているのは、全く別の会社の人や、アーティストのプロダクションの方、または、フリーのアーティストの方で人気も、実力も伴っている人などです。

あなたも、有名芸能人のヘアメイクをしてみたいと思っているのでしたら、美容系の専門学校に通って、技術と、センス、そして経験を積んで行く必要があります。
誰にもまねできない技術を身につけることで、一気に人気のヘアメイクアップアーティストになることができると思います。

学歴や、資格ではなく、ヘアメイクアップアーティストは、実力が全てと言える仕事なのです。
しっかりとした専門学校で、信頼できる講師の指導を受けることが、夢のヘアメイクアップアーティストへの近道になるとも言えると思います。

↓ そんな専門学校を調べてみませんか? ↓

ヘアメイクアップアーティストになりたいという男性は多くいるようです。

女性だけの仕事というイメージがあるようですが、実際に活躍している男性がたくさんいます。
もともと女性の方が圧倒的に多い業界ではありますが、フリーで活躍している人や、テレビとかにも出演しているサロンの経営をしている有名アーティストの方も多くいらっしゃいますよね。

身近なところだと、ヘアサロンに行ってみると分かるでしょうが、男性の美容師がすごく多くなっていることからも人気の職業として認知されているということです。

意外と知られていないのですが、ヘアメイクアップアーティストというのは男性の方が向いているというデータがあるくらいです。
どうしても立ち仕事が多く、体力勝負という傾向があります。また、手先の器用さは男性の方が優れているという話があると思いますが、こういうことからも向いていると言えるのです。

また、ここが非常に重要なポイントなんですが、男性の目線で女性を美しく、魅力的なヘアメイクができるというのは、男性にしかできない芸当です。
フリーで活躍している有名なヘアメイクアップアーティストさんといって思い浮かぶ方って、実は男性の方が多いのではないでしょうか?

あなたも、ヘアメイクアップアーティストが気になっているのでしたら、目指してみませんか?

↓ おすすめの専門学校はこちらです ↓

ヘアメイクアップアーティストになりたいという希望がありますが、大学は出ておいた方が良いのかどうか迷っているという人がいるかも知れません。
中には、全く関係のない学部で4年間勉強してから、改めて専門学校に入って美容系の勉強をしているという人もいます。

それはあまりにも遠回りだということで、大学や短大で、ヘアメイクアップアーティストになるための勉強ができるという学部が少ないながらもあるので、そちらを目指そうとする人もいるようですが、最終的に、メイク関係の仕事をしたいという希望があるのでしたら、勉強する環境が整っている専門学校で専門的なことを勉強していった方がヘアメイクアップアーティストへの近道だと思います。同じ目標を持った人たちとの人間関係を気付けることもありますし、就職へのサポートをしてくれるのも専門学校の方がしっかりしています。

美容師の国家資格を取る必要はヘアメイクアップアーティストにはないのですが大学を出たり、専門学校を終了すると国家資格の受験資格を得ることができるので、しっかりと資格を取っておこうという方が多いようです。
その後、キャリアを積んでヘアメイクアップアーティストとして独立していくということになりますが、最短でヘアメイクアップアーティストになる方法としては、
大学経由よりも、美容系の専門学校で学ぶ方が速くて確実ではないかと考えます。

>> まずは、お勧めの専門学校の無料使用請求してみませんか?

ヘアメイクアップアーティストになるには、やはり若くないとダメなのでしょうか。

テレビや映画、最後にはハリウッド映画のヘアメイクに携わってみたいという希望があっても年齢の壁があったらどうしようかなんて考えてしまいますよね。
まったく美容業界とは違うところで働いていても、小さい時からの夢であるヘアメイクアップアーティストが諦めきれない。今からでも再挑戦したいと考えている人は貴女だけではありません。

安心してください。ヘアメイクアップアーティストになる人には大学を卒業してから改めて専門学校に通って、美容師免許を取ってからという人もたくさんいらっしゃいます。
色々な経験をしている分、メイクアップへの応用力が高まっていることから就職に有利になるなんて言う情報もあります。

私の知人では30代でヘアメイクアップアーティストを志した人がいます。専門学校に紹介してもらったプロダクションにションに所属していて、有名人のヘアメイクをするまでになっています。
学校に通っている時は、いつもアレンジの方法を研究していたので、私もやってもらったことがありますが、さすがに上手でしたよ。

やりたいと思った時が始めるきっかけになると言っていたことを思い出します。
あなたも、ヘアメイクアップアーティストを目指してみたいと思うなら、今がそのチャンスなのかもしれません。